中古車の修理歴のありなし

素人には見わけられない修理歴のあり、なし

 

正直、この買取店なんだかな・・・という気持ちですが、修復歴有りということで安く買取られた車が、修復歴無しで店頭で売られていたというお話を聞きました。

 

そのようなところで売っている車を買うのは考えてしまいますよね。
どれも信用できなくなってしまいます。素人にはわからないウィークポイントを消えてしまう、そこが中古車の怖いところといえるでしょう。

 

普通のディーラーでしたら有り得ないことです。

 

中古車を売買する時の注意点

 

素人目線ではわからないところもありますが、最低限の知識をもって中古車を売ったり買ったりすることは必要ですね。

 

もし中古車を買うなら、契約書には「修復歴有り」などと書かれていますでしょうか?
まずはここを確認しましょう。

 

そして、ひとつ覚えておいて欲しいのが、中古車屋が販売する際に、修復歴を有りにするか無しにするかの判断は、微妙なところなんです。
板金塗装歴があっても必ず修復歴有りになるわけではありません。

 

ここが今回のケースの発端でもあるでしょう。

 

売るときに、修理歴と決めつけないことも必要

 

車を買取ってもらうときに、ウィークポイントは、きちんと話したほうがいいです。
ですが、中には、「修理歴だと思い込んでいるならそれを理由にな安く買い取ろう」と考える業者もいるかもしれません。

 

今回のケースでどれくらいの修理だったのかが分かりませんが、すこしこすったくらいなら、あえて、「ちょっと塗装をなおしてます」程度の報告でもよかったかもしれません。
でも、買取時に「修復歴有り」と断定して、あきらかに減点して安に価格が付けられたのなら、それは問題です。

 

中古屋には強めに問い詰めるくらいしてもいいでしょう。
店舗より本社に問い合わせてもいいでしょう。消費者センターでもいいかもしれません。修復歴無しということで、プラスされるといいですね。

 

次回売る際には、ある程度知識を付けてから慎重に望みましょう。
あちらはプロですから、丸め込まれないようにするには勉強するしかありません。
とにかく早く車を引き取ろうとして、考える余地を与えないといいますか・・慎重に判断するしかないでしょう。